2013年03月29日

Vacancy

Vacancy


もしこの世界に一人ぼっちでいたら
今この身に刺さる喪失も感じぬままいた

遠ざかる過去の狭間にあの背中追いかけて
永遠の日々を信じ続けてた私は
立ち尽くしたまま・・・

また真夜中の静寂に飲み込まれて
暗い部屋に一人きり

まだあなたの服を抱きしめて動けぬままいた

滲んでく景色掴もうとこの腕を伸ばしても
さよならの跡に見えた幻のあなたは
すり抜けてくだけ

感じてた温もりは全てを変える力だった
何もない無意味だった世界さえ

あの時のキスが誓ったこれからの私たち

遠ざかる過去の狭間にあの背中追いかけて
永遠の日々を信じ続けてた私は
立ち尽くしたまま・・・
posted by メロンパン at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。