2014年07月25日

夏の日

夏の日


夏の日 過ぎていく飛行機雲

みんなで笑い合う 何気ないこと
いつかぶつけ合ったことも全部受け止めて

すれ違ったって 見失ったって
何度でも泣けばいいじゃん

「大好き。」声に出し 気持ちを見せて
駆け出す そびえるあの雲を越え
つないだ手を振って
坂道を1,2,3でジャンプ

時には悔しさに潰されるけど
いつも励ましてくれる声が羽根になる

転んじゃったって 傷ついたって
何度でもやればいいじゃん

輝く太陽に白帆を上げて
広がる 静かなあの海の先
恐怖を振り切って
海原をいざ行こう

私たちもいつか それぞれの岐路を行くけれど
私たちの今は いつまでも煌いていく

夏の日 過ぎていく飛行機雲
駆け出す そびえるあの雲を越え
この季節は一瞬
思い出はいつまでも

つないだ手を振って
坂道を1,2,3でジャンプ
posted by メロンパン at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。